NEWS

「なぜ危険冒して・・・」 丸木舟航海検証で深まる疑問(19/07/10)

「なぜ危険冒して・・・」 丸木舟航海検証で深まる疑問(19/07/10)

日本列島に人が渡ってきたルートを検証する航海を終えた研究者らが会見し、「舟で黒潮を越えられることは分かったが、どうして危険を冒してまで移動しようとしたのか疑問は深まった」と成果を振り返りました。 海部陽介代表:「なぜ成功できたかといえば、少し運も味方した部分もあったと思う。それだけ3万年前に海を渡るということは難しい。必ず着けるわけではない。そこにまだ謎が残っている」 約3万年前の旧石器時代にどのようにして日本列島に人が渡ってきたのかを検証するための丸木舟が9日午前11時48分に沖縄県与那国島に到着し、台湾からの約45時間に及ぶ航海を終えました。プロジェクトの海部代表は、実験は成功したとしながらも「多くの幸運があった。どうして人が危険を冒してまで海を移動しようとしたのか疑問が強調された」と話しました。また、航海に参加した男女5人のこぎ手らは「航海中には熱中症などいくつものリスクがあった。一番、難しかったのはいつ台湾を出発するのかを見極めることだったが、与那国島に行けると確信していた」と話しました。実験チームは今回のデータなどをもとに、どのようにして人が海を渡ってきたのかを解明する方針です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
きましたね