NEWS

NGT暴行で損害賠償請求の裁判開始 代理人が説明(19/07/10)

NGT暴行で損害賠償請求の裁判開始 代理人が説明(19/07/10)

NGT48の元メンバー・山口真帆さんへの暴行容疑で逮捕されて不起訴になった男性2人を運営会社「AKS」が損害賠償3000万円を求めて提訴した件で、10日の第1回口頭弁論を受けてAKS側の代理人弁護士が会見を開いた。 訴訟の目的について、代理人弁護士は「当然、被害による損害賠償請求ということもあるが、真相解明に向けて裁判を進めていきたいということがある。もっと言うと真相解明をメンバーや親族の方々が求めていて、会社もそういった思いを受けて原因を究明して再発防止につなげたい。少しでも真実に近付ければと思っている」と説明。 また、問題の本質として「そもそも本件では当時、会社に所属していたメンバーが暴行を受けたにもかかわらず、結局、不起訴になっている。その理由すら会社としては分かっていない状況で、そういった事情を含めて真相・原因を解明していきたい」とした。 なお、証人に山口真帆さんが入っているかについては「今のところは申し上げられない」と答えた。 次回の裁判は9月20日に行われる予定。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
!!!!!!