NEWS

【報ステ】イラン沖警備 アメリカが有志連合検討(19/07/10)

【報ステ】イラン沖警備 アメリカが有志連合検討(19/07/10)

アメリカ軍のトップ、ダンフォード統合参謀本部議長は9日、「現在、ホルムズ海峡付近などの航行の自由を確保するため、いくつかの国と有志連合を結成しようと折衝している」と述べた。ロイター通信などによると、ダンフォード議長はアメリカ軍が指揮統制などを担い、参加国の艦船が周囲をパトロールすることを想定しているという。さらに、ダンフォード議長は「参加国の民間船舶は、その参加国自身が護衛することになる」と述べ、今後2週間程度で参加する国がわかるとしている。ホルムズ海峡付近では先月、日本の海運会社などが運航するタンカー2隻が何者かによる攻撃を受けた。その後、トランプ大統領は日本や中国を名指しし、ツイッターで「自国の船は自分で守るべきだ」と記している。岩屋防衛大臣は先月、自衛隊の派遣には否定的な考えを示していた。今回、改めてアメリカの考えが明らかになったことについて、野上官房副長官は「イラン情勢をめぐり日米間で緊密にやり取りしているが、外交上のやり取りについて詳細は差し控えたい」と述べるにとどめた。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
このチャンネルか!