NEWS

【全国の天気】梅雨前線が移動 列島の真上へ(19/07/15)

【全国の天気】梅雨前線が移動 列島の真上へ(19/07/15)

海の日のきょうも東日本中心に梅雨前線の影響が続いていますが、今週は梅雨前線に動きがありそうです。きょうの梅雨前線は南海上に下がったため、西日本や日本海側では晴れ間が出ました。そして南海上を見てみると大きな雲の塊があります。これは熱帯低気圧で、あすにかけて台風となる予想です。このため、周辺の暖かく湿った空気が今後、高気圧のふちを回り、日本付近に入りやすくなってきます。この湿った空気の影響で梅雨前線が活発になり北上してきそうです。 そこで今後の梅雨前線の予想が、あすはまだ南海上ですが、水曜日以降見てみると、北上して陸地にかかってきます。金曜日、西では日本海上まで北上して、さらに土曜日には、東北あたりまで一気に上がってきそうです。暖かく湿った空気が入り続けるため、梅雨前線の活動が活発になったり、大気の状態が不安定になります。今週は特に水曜日以降、雨の降り方が強まって大雨になる恐れもあり注意が必要です。 《全国の天気》 ■あすも東日本中心に梅雨空が続きます。東海、北陸・長野などで局地的に雷雨がありそうです。西日本は晴れる所が多いですが、九州南部は、雨で激しく降る恐れがあります。 ■最高気温、西日本は、あすも真夏日となり、熊本32度、広島31度。きょう久々の真夏日となった秋田も29度暑さが続きます。一方で東京は23度、きょうよりも低くなりそうです。 ■週間予報あさって水曜日から土曜日にかけて、西日本東日本中心に雨が降り、局地的に大雨になる恐れもあります。東京や仙台の気温は今週後半になるほど上がってきて、蒸し暑くなりそうです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
まじすか