NEWS

福島・飯舘村で原発事故以来 初めて酪農が再開(19/07/17)

福島・飯舘村で原発事故以来 初めて酪農が再開(19/07/17)

福島県飯舘村で原発事故が起きてから初めて酪農が再開されました。 酪農が16日に再開されたのは飯舘村にある振興公社の牛舎で、福島市の牧場で生まれた生後8カ月の乳牛の子牛22頭が運び込まれました。飯舘村での乳牛の飼育は原発事故以来、8年4カ月ぶりです。牛が特産の飯舘村では肉牛の飼育は2016年に再開されていますが、今回の乳牛の飼育で雇用の拡大や村の酪農再生につながることが期待されています。 フェリスラテ・田中一正社長:「(村の人たちが)戻った時に何かはできる可能性があるんじゃないかという先駆けになればいいかなとは思う。復興だとかの役に立てればと思う」 この施設では今後、年間200頭ほどの子牛を育てていくということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
編集がいい