NEWS

投票しないと罰則も・・・世界の“投票率UP作戦”(19/07/18)

投票しないと罰則も・・・世界の“投票率UP作戦”(19/07/18)

参議院選挙、投開票がいよいよ3日後に迫っているが、今、ネット上である動画が話題になっている。その狙いは「投票率アップ」。このような取り組みは世界各国でも行われている。 優しい語り掛けで始まる映像。が、次の瞬間・・・。登場人物が若者に投票へ行かないよう矢継ぎ早に責め立てる。1週間足らずで300万回以上再生されているというこの映像。作ったのは、若者に楽しく政治を学んでもらうことを目的とした笑下村塾という会社だ。直接、感情に訴えることで投票に向かわせるのが目的だというが、ネット上でははっきり賛否の声が。実はこの映像、去年、アメリカで作られた映像を参考にしたもの。銃規制の問題をあえて軽視する表現で若者をあおる場面も。 投票率を上げるための動きは世界各地で行われている。イギリス・ロンドンのパブでは、投票所で撮った写真を見せるとビールが1杯無料になるャンペーンを行っていた。パブやビールが大好きなロンドンらしい取り組みといえる。ロンドンでは2年前の国政選挙でこのようなキャンペーンが展開され・・・。ブラジルなどは投票が法律で義務化されていて、違反するとパスポートを持てない、公立の大学に入れないなどなかなか厳しい罰則がある。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
このチャンネルか!