NEWS

はしご使って?屋根のタンクに“親子クマ”落ちる(19/07/18)

はしご使って?屋根のタンクに“親子クマ”落ちる(19/07/18)

栃木県塩谷町の牧場で高さ6メートルの位置にある飼料タンクから親子とみられるクマ3頭が見つかった。外に付いているはしごを伝ってタンクに入ってしまったとみられる。 塩谷町の牧場。のんびりとした風景が午後、一変した。救急車が現れてカメラは締め出され、クレーンの準備が始まった。つり上げるのはタンク。中にはあろうことかクマがいた。 午前中の様子では、クマは3頭で疲れたような雰囲気だ。異変に気付いたのは牧場の関係者。14日、ふたが開いていたため登ったという。 栃木でクマとなれば、思い浮かぶのは日光のクマ。13日、東照宮近くの河川敷では悠然と歩き回る姿が捉えられた。牧場はここから20キロほどだが、専門家は別の個体とみている。 最大の謎はタンクに入った理由。中身は家畜の飼料なので食べようとしたのか。ただ、この高さの容器の中だと匂いに気付きにくいという。だとしたらなぜ・・・。キーワードは「好奇心」。 北海道野生動物研究所・門崎允昭所長:「それ(タンク)を眺めて『これ、おかしな形をしてるな』『今まで見たことがないな』と。クマは非常に好奇心の旺盛な獣ですから、母グマが登り始めたんだと思います」 まずは親グマが。そして、子グマが追い掛けた可能性が高いという。高さは約6メートルもあるが、爪を引っ掛けて難なく登るという。問題は登った後、中に落ちたとみられる。18日午後3時すぎにタンクが横倒しにされ、子グマ2頭は森に逃げた。親グマは衰弱死した。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
すごいな