NEWS

サンマの漁獲量上限設定 日本・中国・台湾など合意(19/07/19)

サンマの漁獲量上限設定 日本・中国・台湾など合意(19/07/19)

不漁が続くサンマの資源保護に関する国際会議で、日本や中国、台湾など8つの国と地域が北太平洋での年間漁獲量に上限を設定することで初めて合意しました。 北太平洋でのサンマの資源量は2000年代初めに400万トンだったのが、おととしには3分の1に減ったとする科学的な調査結果が報告されています。18日夜に閉幕した会議では、加盟する8つの国と地域が来年の漁獲量の上限を公海とEEZ(排他的経済水域)で合わせて55万トン余りとすることで合意しました。日本ではサンマの不漁が続いていましたが、その理由の一つが中国や台湾の乱獲とされていて、日本は3年連続で漁獲量の規制を提案していました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
きましたね