NEWS

ゴーン被告が損害賠償請求 日産と三菱へ約18億円(19/07/19)

ゴーン被告が損害賠償請求 日産と三菱へ約18億円(19/07/19)

日産の前会長、カルロス・ゴーン被告が不当に雇用契約を解除されたとして、日産と三菱自動車を相手に損害賠償請求を起こしたとフランスのメディアが報じました。 ゴーン被告はオランダにある日産と三菱の統括会社の幹部としての雇用契約を結んでいましたが、今年3月の取締役会で契約が解除されていました。フランスの新聞「フィガロ」によりますと、ゴーン被告はこの契約解除が一方的で不当なものだとして、両社を相手取り賠償金1500万ユーロ、日本円で約18億円の支払いを求める訴えをオランダの裁判所に起こしたということです。この雇用契約について日産と三菱は正当な手続きを経ずに結ばれたものだったとしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
きましたね