NEWS

京都アニメーション 火災現場にカメラ肉薄(19/07/19)

京都アニメーション 火災現場にカメラ肉薄(19/07/19)

「京都アニメーション」で33人が死亡した放火火災で、現場の規制線が一時的に解除されました。生々しい火災の跡をカメラが捉えました。 (楪望リポーター報告) 一時的に規制線が解除されました。警察誘導のもと、報道陣が現場に向かって歩いている状況です。現場を見ると、非常に生々しく激しく炎が上がった様子がうかがえます。壁一面真っ黒で、残っているものはほとんどありません。窓ガラスを見ても割れて残っていません。1階、2階、3階と窓の格子さえも外れてしまっています。かなり高い温度、またもしかしたら衝撃などもあった可能性もあります。また、屋上の鉄格子の部分を見ても曲がっているのが分かります。火が消し止められたのは19日午前6時20分ということですが、今も現場には焦げた臭いが漂っています。恐らく京都アニメーションと書かれていたとみられる看板は何が書いてあったのか分からないくらいすすだらけとなっています。 3階から屋上へ続く階段に20人近くが折り重なるように発見されたと消防から連絡がありました。そういったことも含め、現場ではなぜ上の階に向けて人数が多く確認されたのかということが現場検証として行われています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
ほうほう