NEWS

容疑者やけど治療で移送か 話聴くめど立たず(19/07/20)

容疑者やけど治療で移送か 話聴くめど立たず(19/07/20)

「京都アニメーション」で34人の方が亡くなった放火殺人事件で、青葉真司容疑者(41)が治療のために京都から大阪の病院に移送されました。大阪の病院に移送された青葉容疑者ですが、現在の様子はどうなんでしょうか。京都・伏見警察署から報告です。 (辻塚理沙記者報告) 青葉容疑者は現在も意識不明の状態が続いています。やけどの専門的な治療を受けるために転院したとみられています。青葉容疑者ですが、20日午前10時半ごろ、ドクターヘリに乗せられて京都市内の病院から大阪府内の大学病院へと移送されました。空から見ても白い包帯で巻かれている様子が分かり、やけどは全身に及んでいて、警察が話を聞くめどは立っていないということです。一方、犯行当時の状況ですが、青葉容疑者は建物の玄関から入ってすぐにバケツのようなものに入れたガソリンをまき、従業員を無差別に襲ったと警察はみています。現場検証の結果、玄関近くのらせん階段の西側が最も激しく燃えていたことが分かり、警察は、炎が階段を伝って一気に上の階へと燃え広がったとみています。今回、一方的な青葉容疑者の恨みが犯行の背景にあるとみられていますが、会社側との接点はまだ見つかっておらず、動機の解明は難しい状況が続いています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
きましたね