NEWS

“強制不妊”救済 手術記録ない人にも一時金支給(19/07/23)

“強制不妊”救済 手術記録ない人にも一時金支給(19/07/23)

優生保護法のもと障害者らに不妊手術が行われていた問題で、手術記録が残っていない人への一時金の支給が初めて認められました。 優生保護法のもと不妊手術を受けた障害者らに一律で320万円を支払う救済法は、4月に施行されました。これまで手術記録が残っている26人への支給が決まっています。一方、記録が残っていないケースを判断する審査会が22日に開かれ、本人の説明や手術の痕などをもとに北海道や宮城県など7道県の22人に支給が認められました。手術記録が残っていない人への支給が認められたのは初めてです。今後、審査会は月に1回程度行われる予定です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
なるほどね