NEWS

五輪開幕まで1年 首都高など交通規制の実証実験(19/07/24)

五輪開幕まで1年 首都高など交通規制の実証実験(19/07/24)

東京オリンピックの開会式まで1年の24日、大会期間中の渋滞を緩和するため交通規制の実証実験が行われています。 大会期間中は選手を乗せた車両なども首都高速を使うため、渋滞が現状の2倍近くになるなど激しい混雑が予想されています。組織委員会は、都心部の交通量を最大で30%減らすことを目標にしています。24日に首都高速では大会会場や選手村に近い外苑や晴海、それに新都心上りの入り口を閉鎖するなどの大規模な交通規制を行い、交通量の推移などを見る実証実験が行われています。混雑状況によってはこの他に最大50カ所の入り口を閉鎖する予定です。また、一般道では環状7号線の交差点で都心方面の青信号の時間を短縮し、都心への車両の流入を減らしています。実験は26日も行われます。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
!!!!!!