NEWS

【報ステ】ALS患者ら当選 国会受け入れ態勢は・・・(19/07/23)

【報ステ】ALS患者ら当選 国会受け入れ態勢は・・・(19/07/23)

参議院選挙で、山本太郎代表率いる『れいわ新選組』から難病のALS=筋萎縮性側索硬化症患者の舩後靖彦氏(61)と脳性まひで重い障害がある木村英子氏(54)の2人が比例区で初当選した。来週、臨時国会が開かれ、舩後氏や木村氏は初登院するが様々な課題がある。参議院ではスロープを設置するなどの対応をしているが、舩後氏の車椅子は重さ約150キロあり、介助者が操作する。木村氏の電動車椅子もかなり重量があり、こちらも移動には介助者が必要となる。議場に入れるのは、規則によって「議員本人のみ」と決められていて、介助者が入れるか検討が必要となる。このほかにも議場内の移動や採決をどうするかなど対応が必要で、参議院では、24日に職員が舩後氏から聞き取りをし、25日の議院運営委員会の理事会で今後の対応を検討するという。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
まじすか