NEWS

WTOで輸出規制を議論 日韓両者立場を崩さず平行線(19/07/25)

WTOで輸出規制を議論 日韓両者立場を崩さず平行線(19/07/25)

WTO(世界貿易機関)はスイスのジュネーブで一般理事会を開いて日本の韓国への輸出規制を議論しましたが、議論は平行線に終わりました。 韓国産業通商資源省・金勝鎬室長:「日本の逃げ腰の対応は自らの行動に目をつむるようなものだ」 伊原純一特命全権大使:「安全保障上の輸出管理の見直しという今回の措置の論点をすり替えることにもなる」 24日の会合で、韓国側は輸出規制の撤回と日本に二国間での交渉のテーブルに戻るよう求めました。さらに、日本の措置が「徴用工問題に対する報復」との認識を示したということです。これに対し、日本側は徴用工問題との関連はなく、議論は受け入れられないと反論しました。韓国は今後、WTOへの提訴の準備を加速するとみられます。しかし、提訴した場合でも決着までには数年かかる見通しです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
!!!!!!