NEWS

防衛省「日本の安全保障にただちに影響なし」(19/07/25)

防衛省「日本の安全保障にただちに影響なし」(19/07/25)

北朝鮮が25日朝早く、東部の元山(ウォンサン)付近から日本海に向けて飛翔(ひしょう)体2発を発射しました。 韓国軍は、北朝鮮が午前5時半すぎに東部の元山付近から飛翔体2発を日本海に向けて相次いで発射したと発表しました。飛距離は約430キロで、弾道ミサイルかどうかなどについて分析を進めるとともに、追加の発射に備えて警戒しているということです。北朝鮮は5月4日と9日にも新型とみられる短距離弾道ミサイルなどを発射していました。また、防衛省関係者によりますと、日本の安全保障に直ちに影響を与える事態ではなく、船舶や航空機の被害の情報は入っていないとのことです。日本政府は、情報収集や日本近海の警戒監視活動に万全を期す方針です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
そういうことか