NEWS

米強硬派の訪韓に合わせ発射か 日米韓が電話で協議(19/07/25)

米強硬派の訪韓に合わせ発射か 日米韓が電話で協議(19/07/25)

岩屋防衛大臣は5月に続くミサイル発射について「非常に遺憾だ」と述べ、北朝鮮を批判しました。 岩屋防衛大臣:「もし弾道ミサイルであれば、国連決議に違反をしているわけですから、先般からの飛翔(ひしょう)体の発射事案については非常に遺憾だというふうに思っております」 日本政府内では発射されたのは短距離弾道ミサイルで、数は2発より多いと見て分析を進めています。北朝鮮に強硬姿勢を示すアメリカのボルトン補佐官が韓国を訪問したタイミングを狙ったという見方も出ています。また、今回の事態を受けて外務省の金杉アジア大洋州局長がアメリカのビーガン北朝鮮担当特別代表や韓国の李度勲(イ・ドフン)朝鮮半島平和交渉本部長と電話会談を行ったということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
編集がいい