NEWS

病院で180人以上孤立状態 佐賀・広範囲に冠水被害(19/08/29)

病院で180人以上孤立状態 佐賀・広範囲に冠水被害(19/08/29)

記録的な豪雨で28日、一時的に大雨特別警報が出た佐賀県では町の広範囲が浸水するなど、大きな被害が出ました。 一夜明けた佐賀県大町町の上空からの様子です。病院では患者や職員ら180人以上が孤立状態になっていて、懸命の救出作業が続けられています。また、付近の鉄工所から最大11万4000リットルの油が流れ出し、広い範囲で濁った水に漂っているのが確認できます。佐賀県武雄市では流された車の中から50代の男性が見つかり、死亡が確認されました。また、自宅から車で出勤した50代の女性と連絡が取れていません。佐賀市では水没した車から70代の女性が発見され、意識不明の重体です。このほか、福岡県八女市でも車ごと流された84歳の男性が死亡しました。 九州北部では29日未明から再び雨が強まってきていて、1時間に50ミリを超えている所もあります。降り始めからの雨量は長崎県や佐賀県では500ミリを超えていて、8月平年で降る2倍以上の大雨となっています。今後、九州北部では午前9時ごろにかけてライン状の活発な雨雲が掛かる見込みです。30日朝までの24時間雨量は最大で150ミリの大雨が予想されています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
驚いた