NEWS

東京五輪まで1年 抑制実験で首都高の交通量7%減(19/07/26)

東京五輪まで1年 抑制実験で首都高の交通量7%減(19/07/26)

1年後の東京オリンピック・パラリンピックに向けた24日の交通量を抑制するテストで、首都高速では約7%の減少にとどまったことが分かりました。 組織委員会は大会期間中に選手の移動などを円滑に行うため、首都高速の交通量を最大30%減らす目標を掲げています。24日に行われた交通量を抑制するための実証実験では、首都高速の外苑や晴海など4カ所の入り口を終日閉鎖し、36カ所の入り口を段階的に閉鎖しましたが、首都高速によりますと、交通量は去年の同じ時期と比べて約7%の減少にとどまったということです。2度目の実証実験は26日午前0時から行われていて、組織委員会は結果を分析して今後の対策を検討することにしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
きましたね