NEWS

韓国へ「重大な警告」金委員長 新型兵器の発射視察(19/07/26)

韓国へ「重大な警告」金委員長 新型兵器の発射視察(19/07/26)

北朝鮮メディアは「金正恩委員長が新型の戦術誘導兵器の発射実験を視察した」と伝えました。25日に発射した短距離弾道ミサイルを指すとみられます。 26日付の労働新聞は、金委員長が移動式発射台からミサイルが打ち上げられているのを視察する様子を写真入りで大きく報じました。アメリカとの軍事演習を強行しようとしている韓国に対して「重大な警告を送るための新型戦術誘導兵器の発射実験を実施した」としています。ミサイルや発射台の形状などから、北朝鮮が5月に発射したミサイルと同じロシアの「イスカンデル」の改良型とみられます。北朝鮮は25日、東部の元山(ウォンサン)付近から短距離弾道ミサイル2発を発射し、1発目は430キロ、2発目は690キロ飛行しました。韓国政府は「新型の短距離弾道ミサイル」だとする分析結果を発表しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
まじすか