NEWS

「『光の輪』を到達点に」 五輪メダルデザイナーが会見

「『光の輪』を到達点に」 五輪メダルデザイナーが会見

2020年東京五輪のメダルをデザインした大阪市のデザイナー、川西純市さん(51)が25日、東京都内で会見し「美しさやしなやかさ、アスリートのエネルギーを表したくて、『光の輪』を到達点とした」と語った。デザインは24日の開幕1年前セレモニーで発表されており、川西さんは「祝福メールがすごくて、寝れなかった」という。

 メダルは立体的に渦状になっているデザインが特徴で、どの角度から見ても美しく輝く。川西さんは「最初からそこに到達できず、模索した。(デザインを)書いているうちに手をつなぎ合っていくサークルみたいなものが浮かび上がった」と振り返る。

 川西さんは大阪芸術大を卒業後、平成18年に大阪市内に設計事務所を設立。関西を中心に学校や病院などのデザインを手掛けてきた。

YouTubeで表示する

チャンネル:SankeiNews

ゆーらんくん
ゆーらんくん
そういうことか