NEWS

スプリントとTモバイルが合併へ 条件付きで承認(19/07/27)

スプリントとTモバイルが合併へ 条件付きで承認(19/07/27)

ソフトバンクグループ傘下でアメリカの携帯通信4位のスプリントと3位のTモバイルの合併が条件付きで承認され、合併に向けて大きく前進しました。 アメリカ司法省は26日、スプリントとTモバイルの合併計画を承認すると発表しました。携帯事業の寡占化への懸念から、プリペイド式携帯事業や周波数帯の一部の売却など条件付きになっています。両社が合併するにはFCC(連邦通信委員会)の承認も必要ですが、FCCはすでに合併を認める方針を示しています。巨額の負債を抱えるスプリントの親会社であるソフトバンクは、合併により出資比率が27%に減るため、財務状況の改善が見込まれます。一方で、ニューヨーク州など一部の自治体が「携帯利用者に取り返しのつかない被害を及ぼす」などと合併の差し止めを求めて提訴していて、手続きが難航する可能性も残っています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
きましたね