NEWS

梅雨明け?・・・結局、不安定に 各地で真夏日続出も(19/07/29)

梅雨明け?・・・結局、不安定に 各地で真夏日続出も(19/07/29)

全国で猛暑日が続出している。その一方で、大気の状態は不安定になっていて、各地で雷雨などが観測された。 まぶしいほどの太陽から一転。栃木県那須町では1時間に59ミリの非常に激しい雨が降った。29日は関東などを中心に午後にかけて激しい雷雨となった。大気の状態が不安定になった理由の1つが暑さだ。東京では午前中に30度を超え、今年一番の暑さとなったほか、さいたまでは35度以上の猛暑日となった。 厳しい日差しを避けようと、女性たちはあの手この手。こうしたなか、気象庁は関東・甲信で梅雨明けしたと発表した。これは平年より8日遅く、去年より30日遅い。まだ暑さに体が慣れていない時期。29日、30度以上の真夏日になった地点は全国926地点中8割にあたる727地点。これは今年最も多い。 一方、梅雨明けを待っていたのは氷屋さん。出番がなかった氷だが、この暑さでうれしい悲鳴となった。氷が届いた先は熱々の鉄板で焼かれたステーキが自慢のお店。 一方、百貨店では気温33度以上でお得になるサービスを実施。他にも肉や干物など食料品がグッと安くなる。ようやく出てきたお日様に期待を込めるのは農園。トマトは雨が多すぎると水分を吸って甘くならないという。 価格にも影響が。東京中央卸売市場の野菜の価格。7月上旬までは平年より安く推移していたが、天候不順で7月中旬以降は高値傾向だ。ブルーベリーは例年より1週間から10日ほど生育が遅れたが、ここ数日の晴れで甘みが乗り始めた。ただ、この後も大気が不安定な状態が続きそうだ。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
まじすか