NEWS

“保険不適切販売問題” 郵政民営化委員長「遺憾」(19/07/30)

“保険不適切販売問題” 郵政民営化委員長「遺憾」(19/07/30)

かんぽ生命が保険を不適切販売していた問題で、政府の郵政民営化委員会の岩田一政委員長は「信頼を裏切る事例で遺憾だ」と述べ、原因究明と再発防止策の徹底を求めました。 郵政民営化委員会・岩田一政委員長:「郵便局に対する色々な信頼があったと思うのですが、その信頼を裏切るような事例が出たことは大変、遺憾な事態だ。民営化にとってもマイナス材料だと考えている」 岩田委員長はこのように述べ、過剰な営業ノルマが不正の一因だったと指摘しました。この問題では、かんぽ生命の株式が売り出された4月時点でかんぽ生命自体が不正を認識していたかが焦点です。岩田委員長は当時、かんぽ生命が「個別の苦情は把握していたが、規模は把握していなかった」と説明したと述べ、不正販売を知りながら株式を売り出したことについて「問題がある」という認識を示しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
すごいな