NEWS

舗装材料カルテル 9社に過去最高400億円の課徴金(19/07/30)

舗装材料カルテル 9社に過去最高400億円の課徴金(19/07/30)

道路の舗装などに使うアスファルトの材料の価格を舗装会社9社が事前に協議して引き上げたとして、公正取引委員会は8社に過去最高の約400億円の課徴金を命じました。 道路舗装大手の鹿島道路など9社は石や砂などを混ぜたアスファルトの材料について、2011年3月から4年近く、約2カ月に一度のペースで担当者が会議を行い、値上げする幅や時期を事前に決めていました。公正取引委員会はこうした行為が独占禁止法に違反するとして、最初に申告をしたNIPPOを除く8社に過去最高の課徴金合わせて約400億円の支払いを命じました。鹿島道路は「事実認定と法解釈に見解の相違がある」とコメントしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
編集がいい