NEWS

民主党の注目候補は社会主義的政策 大統領選へ訴え(19/07/31)

民主党の注目候補は社会主義的政策 大統領選へ訴え(19/07/31)

来年のアメリカ大統領選挙に向け、野党「民主党」の2回目の討論会が始まりました。社会主義的な政策を掲げる注目候補が登壇し、富裕層に対する増税を訴えました。 ウォーレン上院議員:「医療保険のために大企業や富裕層はより多くの負担をし、中間層の出費が少なくなるだろう」 サンダース上院議員:「アマゾンのような何十億ドルと稼ぐ企業が連邦法人税を全く納めていない」 初日の30日は社会主義的な政策を掲げて躍進しているエリザベス・ウォーレン上院議員やサンダース上院議員が大企業や富裕層への増税などを財源にして国民皆保険制度の導入を主張しました。希望者のみを対象にする保険制度を提案したほかの候補者との違いが際立ちました。また、2人は移民政策でもより寛容な姿勢を示しました。討論会は民主党の候補者20人が2組に分かれて行われ、2日目には世論調査の支持率ではトップを走るバイデン前副大統領や前回の討論会で注目を集めたカマラ・ハリス上院議員が登場します。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
このチャンネルか!