NEWS

れいわ議員に参院が介助費補助“特別扱い”と批判も(19/07/31)

れいわ議員に参院が介助費補助“特別扱い”と批判も(19/07/31)

いよいよ来月1日から臨時国会が始まりますが、今注目されているのは、れいわ新選組から当選した2人の重度障害者の介助費用です。一体、誰が負担すべきなのか議論が起きています。 来月1日に迫った臨時国会。本会議場では重い障害がある「れいわ新選組」の船後靖彦議員と木村英子議員を迎えるため、段差をなくして新たな電源を設けるなどハード面での準備が完了。今月31日にお披露目となりました。本会議場の準備はできましたが、もう1つの問題は2人の議員活動中の介護サポートです。2人は国と自治体が費用の大部分を負担する「重度訪問介護」のサービスを受けていますが、今の国の制度では通勤や仕事中にサービスを受けることができません。つまり、現行の制度では登院すらできず、れいわ新選組は制度そのものの改善を求めていますが、参議院の議院運営員会は30日に議員活動中の費用を当面の間、参議院が負担すると決めました。この決定に与野党から賛否様々な反応がありました。日本維新の会は今回の決定に反対の立場で、根本的に制度を見直すべきだと主張しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
!!!!!!