NEWS

踏み間違いの急発進防止 都が装置設置に9割補助(19/07/31)

踏み間違いの急発進防止 都が装置設置に9割補助(19/07/31)

車のアクセルとブレーキを踏み間違える事故が相次ぐなか、急加速を防ぐ装置を取り付ける高齢ドライバーに費用の9割を補助する東京都の緊急対策が31日からスタートした。 カー用品専門店にやってきた83歳の男性。31日から始まったのは東京都の緊急対策だ。今、社会問題化している高齢ドライバーの事故。29日も埼玉県草加市で高齢男性が運転する車が歩行者を巻き込み、歯科医院に突っ込む事故が発生。男性がブレーキとアクセルを踏み間違えた可能性もあるという。 こうした状況を受けて東京都は、今年度中に70歳以上になる都内在住の高齢者を対象に急発進を防ぐ装置を購入する際、費用の9割を補助する制度を導入した。カー用品店など指定された事業者の店舗に車を持ち込んで設置可能か見てもらったうえで予約すれば、後日、装置を取り付けてもらえるという。急にアクセルを踏み込むなど異常を察知した場合にシステムが作動し、車側にエンジンの回転を上げないよう信号を送って加速を抑制するという。補助を使い、こういった装置を取り付けるには「運転免許証を持っていること」「自家用車であること」などが条件。東京都は合わせて2万台の申し込みを想定しているといい、予算規模は8億5000万円に上る。期間は来年の8月末までだ。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
きましたね