NEWS

「表現の不自由展・その後」参加作家72名が声明(19/08/06)

「表現の不自由展・その後」参加作家72名が声明(19/08/06)

「表現の不自由展」の中止が決まった「あいちトリエンナーレ」を巡り、出展作家72人が声明を発表しました。 「あいちトリエンナーレ2019」出展アーティストの抗議声明:「閉鎖へと追い込んでいくような脅迫と恫喝に私たちは強く反対し、抗議します」 わずか3日で中止に追い込まれた国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」の企画展「表現の不自由展・その後」。6日に出展アーティスト72人が抗議声明を発表しました。 「あいちトリエンナーレ2019」出展アーティストの抗議声明:「展示は継続されるべきであったと考えます。人々に開かれた、公共の場であるはずの展覧会の展示が閉鎖されてしまうことは、それらの作品を見る機会を人々から奪い、活発な議論を閉ざすことであり、作品を前に抱く怒りや悲しみの感情を含めて多様な受け取られ方が失われてしまうことです」 この声明文の最後は「新たな答えを導き出すことを諦めません」と締めくくられていました。表現の自由を巡る対立。 芸術監督を務める津田大介氏:「悪しき事例を僕は1つ、今回、この企画を3日で中止したということで作ってしまった。非常に表現の自由が後退する、悪しき事例を作ってしまったことに対しての責任は非常に重く受け止めている」 企画展では過去に撤去や展示を拒否された作品が集められ、従軍慰安婦を想起させる少女像なども展示されていました。しかし、主催者側の代表である愛知県への抗議は電話やメールなど2800件に上り、来場者らの安全を確保できないという理由から中止を余儀なくされました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
このチャンネルか!