NEWS

ホルムズ海峡の有志連合「総合的に判断」と米に伝達(19/08/07)

ホルムズ海峡の有志連合「総合的に判断」と米に伝達(19/08/07)

岩屋防衛大臣はアメリカのエスパー国防長官と初めて会談し、ホルムズ海峡の有志連合について協議し、「総合的に判断する」と伝えたことを明らかにしました。 岩屋防衛大臣:「この中東というのは我が国のエネルギー安全保障上、極めて重要な地域ですので、日本関係船舶の航行の安全を確保するために政府全体として総合的に判断して参りたい」 会談ではエスパー長官から有志連合について直接、説明があり、岩屋大臣からはアメリカやイランとの関係を踏まえて総合的に判断すると伝えたということです。また、岩屋大臣は6日に発射された北朝鮮の飛翔(ひしょう)体が短距離弾道ミサイルであることを明らかにしました。そのうえで、エスパー長官との間で北朝鮮に対して国連の安保理決議を完全に履行することが重要との認識で一致しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
まじすか