NEWS

【報ステ】米国防長官が来日『有志連合』への対応は(19/08/07)

【報ステ】米国防長官が来日『有志連合』への対応は(19/08/07)

新しく就任したアメリカのエスパー国防長官が初めて来日し、安倍総理や岩屋防衛大臣と会談した。エスパー長官は来日直前、アメリカが呼び掛けているホルムズ海峡における有志連合について「日本も真剣に検討すべきだ。これを日本と協議する」と話していたが、菅官房長官によると、会談のなかで参加要請はなかったという。岩屋大臣は会談で、日本側から「政府全体として総合的に判断していきたい」と伝えたという。テレビ朝日政治部の山本志門デスクは「“総合的に判断したい”というのは、できるだけ時間をかけたいという意味で、できれば外交で解決したいというのが政府の本音。自国のタンカーを自国で守るという前提に立てば、海上自衛隊の艦船を派遣するのは選択肢として残る。ただ、イラン側の理解を得る意味でも、ホルムズ海峡上空を海自の哨戒機を飛ばして情報を有志連合に提供することも検討されているようだ」と話す。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
きましたね