NEWS

噴火から一夜経った浅間山 火山灰が広範囲に広がる(19/08/08)

噴火から一夜経った浅間山 火山灰が広範囲に広がる(19/08/08)

噴火から13時間が経った浅間山の上空から報告です。 (楠原由祐子アナウンサー報告) 浅間山上空は雲が掛かっていて、今は火口を確認することはできません。ただ、8日午前中は火口から何筋かの噴煙が湧き上がり、時間とともに色が濃くなっていくのが分かりました。今は北東の方角、前橋方面に火山灰が灰色の層になって真横に伸びているのが分かります。火山灰は風に乗って広い範囲に広がっているのが確認できます。噴火警戒レベルの引き上げを受けて、浅間山は火口から約4キロの範囲で入山が規制されました。また、群馬の嬬恋村と長野の軽井沢を結ぶ有料道路が7日夜から通行止めになりましたが、8日午前9時に解除になりました。気象庁は大きな噴石や火砕流に警戒を呼び掛けています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
!!!!!!