NEWS

【報ステ】「これまでとは大きく違う」浅間山噴火(19/08/08)

【報ステ】「これまでとは大きく違う」浅間山噴火(19/08/08)

7日午後10時8分に起きた長野県と群馬県にまたがる『浅間山』の噴火では、気象庁によると、噴煙が1800メートル以上、大きな噴石は200メートルほど飛んだことが確認されている。火口から4キロ先にあるキャンプ場では、利用客28人が避難したという。今回の噴火は小規模で目立った被害はなかったが、専門家からは「噴火の前兆がこれまでとは大きく違う」という声が上がっている。これまで、浅間山が噴火する前には、火山性地震の発生や火山ガスの増加など、噴火の予兆が確認できていたが、今回はなかったという。浅間山を長年観測している東京大学・武尾実名誉教授は「今回のように、ほとんど前兆が見られなかったのは初めて。マグマの供給が促進されるようなことがあれば、さらなる噴火の発生や噴火の規模が大きくなることもあり得る。今後も注意してみていく必要がある」と話す。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
ほうほう