NEWS

長崎・原爆禍 ローマ法王が衝撃受けた1枚の写真(19/08/09)

長崎・原爆禍 ローマ法王が衝撃受けた1枚の写真(19/08/09)

原爆投下後にアメリカの従軍カメラマンによって長崎で撮影された写真。タイトルは「焼き場に立つ少年」です。 少年が背負っているのは原爆で命を落とした弟。火葬の順番待ちをしている場面とされています。少年は唇をかみしめて真っ直ぐ前を見つめています。ローマ法王・フランシスコは、この写真を手にして「1000の言葉よりも伝える力がある」と語りました。法王は「核なき世界」の実現のためにこの写真をカードにして世界中に広めるよう努めています。裏を見てみると「戦争がもたらすもの」と記され、法王のサインが書かれています。ローマ法王は今年11月に初めて来日する予定で、長崎や広島も訪問する方向で調整が進められています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
驚いた