NEWS

群馬防災ヘリ墜落から1年 遺族や同僚らが献花(19/08/11)

群馬防災ヘリ墜落から1年 遺族や同僚らが献花(19/08/11)

去年8月、群馬県の防災ヘリコプター「はるな」が群馬県中之条町の山中に墜落し、パイロットや消防隊員など合わせて9人が死亡しました。事故から1年の11日、消防隊員7人の合同追悼式が行われ、遺族や同僚など約350人が花を手向けました。 遺族・蜂須賀雅也さん:「悲しみも憎しみもいっぱいで歯がゆい感じがして。(息子は)ひょっこり帰ってくるんじゃないかって」 防災ヘリは登山道の視察のために飛行していましたが、天候が急変したため墜落したとみられています。県は有識者による検討委員会を設置して安全管理体制などを見直しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
すごいな