NEWS

日航機墜落事故から34年 遺族らが灯籠流し(19/08/12)

日航機墜落事故から34年 遺族らが灯籠流し(19/08/12)

520人が犠牲となった日航ジャンボ機墜落事故から12日で34年です。群馬県上野村では遺族らが現場近くの川で灯籠(とうろう)を流して犠牲者の冥福を祈りました。 墜落現場の麓を流れる上野村の神流川では毎年、事故の前日の8月11日に灯籠流しが行われています。遺族らは「事故のない世界」「命を大切に」などと書かれた手作りの灯籠に火をともし、川に浮かべて犠牲者の冥福を祈りました。 祖父を亡くした若本崚さん:「子どもが生まれたので祖父からするとひ孫の紹介。会いに来ましたを第一に報告しようと」 父を亡くした若本千穂さん:「ここに父がいると思っているので、ここで報告したいなと毎年思う。皆でここで会いたいなと思う」 遺族らは12日、事故現場となった「御巣鷹の尾根」へ登って犠牲者へ祈りを捧げます。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
すごいな