NEWS

パラトライアスロンW杯 水質悪化でスイム中止決定(19/08/17)

パラトライアスロンW杯 水質悪化でスイム中止決定(19/08/17)

東京オリンピック・パラリンピックのテスト大会も兼ねたパラトライアスロンのワールドカップで会場の水質悪化のため、スイムが中止になりました。 東京オリンピック・パラリンピックの競技会場でもあるお台場のスイム会場では17日、パラトライアスロンのワールドカップ大会が開かれる予定でした。しかし、大会の公式ホームページの発表によりますと、スイム会場で16日午後1時に採取された最新の検査で大腸菌のレベルが国際トライアスロン連合が決めた基準値の2倍を超えたということです。この結果を受けて、大会の実行委員会らが17日午前3時から危機管理会議を開き、スイムを中止することを決めました。そして、17日の大会はランとバイクの2競技だけを行うデュアスロンの形で競うことを決めました。お台場のスイム会場の水質についてはトライアスロンのテスト大会の時にも選手の間からは「水が臭い」などという意見が出ていて不安視されていました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
驚いた