NEWS

京アニ放火殺人から1カ月 遺族「夢も希望もない」(19/08/18)

京アニ放火殺人から1カ月 遺族「夢も希望もない」(19/08/18)

35人が犠牲になった京都アニメーションの放火殺人事件から18日で1カ月です。犠牲者の遺族が改めて取材に応じ、「夢も希望もない」と語りました。 7月18日、京都アニメーションの第1スタジオで起きた放火殺人事件では35人が亡くなりました。現場近くに設けられた献花台には、犠牲者を悼んで朝から多くの人が訪れています。 献花に来た人:「本社の近くに住んでいて、(アニメに)街の風景とかも出てくるので、そこを通るたびにつらい気持ちになる」 また、事件で亡くなった津田幸恵さんの遺族が取材に応じました。 津田幸恵さんの父・津田伸一さん:「亡くなってしまったという虚無感というか。夢も希望もない。もうどうしようもない」 警察によりますと、逮捕状が出ている青葉真司容疑者(41)について、過去に同姓同名の人物から京都アニメーションに「学園もの」などをテーマにした小説の応募が複数回あったことが新たに分かりました。青葉容疑者は今も重篤な状態が続いていて、話を聞けるまでには数カ月以上はかかる見通しだということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
そういうことか