NEWS

ゲーセンで“面パク”「太鼓の達人」ゲーム仲間が・・・(19/08/22)

ゲーセンで“面パク”「太鼓の達人」ゲーム仲間が・・・(19/08/22)

名古屋市のゲームセンターで窃盗をしたとして、横浜市の派遣社員の男ら2人が逮捕されました。ゲームファンの間では「面パク」と呼ばれる行為でした。 「押収物」のプレートが付けられた丸い物体。一見すると何だかよく分かりませんが、これが今回、窃盗事件で容疑者の家から押収されたものです。実は皆さんも一度は見たことがあるかもしれない、あれの一部です。人気音楽ゲーム「太鼓の達人」。今回、窃盗されたのは面の部分。ファンの間ではこの行為を面パクと呼んでいます。 逮捕されたのは横浜市の派遣社員・松村将容疑者(21)ら2人です。去年5月、名古屋市中区のゲームセンターから太鼓の達人の太鼓の面1個を盗んだ疑いが持たれています。警察の調べに対し、容疑を認めた2人。しかし、なぜ“面”だけを盗んだのでしょうか。太鼓の達人は太鼓を模した筐体を音楽に合わせてたたき、その精度で得点が決まります。誕生から18年経つにもかかわらず、今も定期的に大会が開かれるなど根強い人気を誇っています。そのため、お店と同じ面で練習をしたいという熱狂的なファンも存在しているのです。 今年6月には、東京・町田市のゲームセンターで太鼓を丸ごと盗んだとして少年ら3人が逮捕される事件も起きました。面パクに対し、こちらは「樽(たる)パク」。 今回、松村容疑者らが面を盗んだ愛知県内では去年1月から今月9日までに太鼓の達人の部品が盗まれる被害が10件確認されていて、警察が関連を調べています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
ほうほう