NEWS

日本静観、米は激怒 日韓両国民に感情的わだかまり(19/08/23)

日本静観、米は激怒 日韓両国民に感情的わだかまり(19/08/23)

23日午後、韓国側から「GSOMIA(軍事情報包括保護協定)」破棄が正式に日本側に伝達された。大きな波紋を広げている今回の事態。日本の安全保障にはどのような影響が出るのだろうか。 韓国大統領府:「多くの苦悩と検討の末に国益によって下した決定でした。大統領の8月15日の光復節の祝辞からも我々は日本へ対話の手を伸ばしましたし、祝辞の発表の前にも日本側にこのような内容を知らせたものの、日本は何ら反応を見せませんでした。感謝の言葉さえもありませんでした」 改めて韓国政府が記者会見を開いた。今後は自ら軍事偵察衛星を持ち、日本の衛星情報に頼らない環境を整えるとしている。 韓国大統領府:「我々、自らを守れるくらいの国防力を備えることこそ、安保の危険にさらされる可能性を予防できます」 安倍総理大臣は今回の決定によって韓国への対応を変えるつもりはないようだ。 安倍総理大臣:「韓国に対しては日韓請求権協定への違反の解消といったですね、国と国との信頼関係を回復をし、そして、約束をまずは守ってもらいたい。その基本的な方針には今後も変わりはありませんし、彼らが国と国との約束を守るように求めていきたい」 アメリカは決定に怒っている。日韓のGSOMIAを続けるよう韓国政府に働き掛けていたポンペオ国務長官は緊急の電話会談を行った。 米・ポンペオ国務長官:「今朝、韓国の康(カン)外相と話した。韓国政府の決定に失望している。我々は両国が関係を正常化することを願っている」 と、韓国政府の対応を強く批判した。日米韓の安全保障体制を揺るがす恐れが指摘される韓国政府の決断。アメリカと覇権争いの真っただ中にある中国。23日朝の中国共産党系の新聞では一面にGSOMIAの破棄を持ってきていて、韓国が日本にショックを与えたと伝えている。日米韓のゴタゴタの行方を興味を持って眺めている様子だ。韓国国民はどう思っているのだろうか。 韓国国民:「(政府の決定には)賛成に近いです。一方的に日本が韓国に対してやっているのに、それに対して我が国が従う必要はないと思っている」 アメリカが厳しい反応を見せたことについては、どこか他人事のような反応だ。 韓国国民:「アメリカが我が国の友邦であれば(アメリカが)こうなる前に手を尽くすべきだったのではないかと思っている」 出口の見えない関係悪化に日本国内にも感情的な反応が見られる。先日、韓国人観光客が減るのを食い止めようと空港で歓迎イベントを開いた北海道庁には・・・。 北海道庁に届いた批判:「韓国人観光客は誘致する必要がない」 など、300件を超える批判が殺到したといい、困惑気味だ。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
驚いた