NEWS

アマゾンの熱帯雨林で火災多発 ボルソナロ政権は環境保護より開発重視

アマゾンの熱帯雨林で火災多発 ボルソナロ政権は環境保護より開発重視

南米ブラジルでアマゾンの熱帯雨林の火災が記録的なペースで多発している。違法な焼き畑の急増が原因とみられるが、環境保護を軽視するボルソナロ政権の姿勢に対しても国際社会の懸念が深まっている。フランスで24~26日に開かれる主要7カ国首脳会議(G7サミット)は地球温暖化対策も主要テーマで、議長のマクロン仏大統領は22日、この問題を取り上げるべきだと提案した。(ロイター)2019年8月23日公開

YouTubeで表示する

チャンネル:毎日新聞

ゆーらんくん
ゆーらんくん
このチャンネルか!