NEWS

GSOMIA破棄翌日・・・北朝鮮が弾道ミサイル発射の狙いは(19/08/24)

GSOMIA破棄翌日・・・北朝鮮が弾道ミサイル発射の狙いは(19/08/24)

北朝鮮が24日朝、弾道ミサイル2発を日本海に向けて発射しました。韓国が23日、日本とのGSOMIA(軍事情報包括保護協定)の破棄を通告した翌日だけに、その隙を突こうとした可能性もあります。 岩屋防衛大臣は北朝鮮が24日午前6時44分と午前7時1分に東岸から弾道ミサイルを2回、発射したと発表しました。2発は400キロと350キロ飛び、日本のEEZ(排他的経済水域)の外の日本海に落下したとみられます。韓国が23日にGSOMIAの破棄を日本に通告しましたが、岩屋大臣は「影響はない」と強調しました。 岩屋防衛大臣:「情報収集を行った結果、早期に弾道ミサイルと判断した。GSOMIA、きのうのことが影響したわけではありません。北朝鮮も地域の情勢をしっかりと見ているでしょうから、間隙を突いたということではないかなというふうに思いますが」 また、外務省は今回の弾道ミサイルの発射が国連安全保障理事会の決議に違反しているとして、北朝鮮に厳重に抗議したことを自民党の緊急会議で明らかにしました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
!!!!!!