NEWS

“世界的危機”南米アマゾン火災 消火へ軍投入(19/08/26)

“世界的危機”南米アマゾン火災 消火へ軍投入(19/08/26)

南米のアマゾンで深刻化する熱帯雨林の火災について、責任を否定していたブラジル政府が軍隊を投入して消火活動を始めました。 アマゾンの熱帯雨林では今年に入ってすでに7万件以上の火災が起き、地球温暖化への懸念が広がっています。各国の非難を受けてブラジル政府は24日、消火のために軍隊を投入しました。火災は、肉牛を育てるためなどの農地開拓で野焼きをすることが主な原因とされ、野焼きを容認していたとされるブラジルのボルソナロ大統領は、政府の責任を否定していました。G7サミットでは、フランスのマクロン大統領が「世界的危機だ」と支援を呼び掛け、各国が支持を表明しました。ローマ法王も「アマゾンは地球の肺である」と早急な対策を呼び掛けています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
そういうことか